監査法人 長隆事務所

お問い合わせはこちら
CONTACT

社会福祉法人の方へSOCIAL WELFARE SERVICE
CORPORATION

© 2018 osatakashi & co.

専門家のアドバイスで福祉サービスの安全性を持続しながら
経営に関わるリスクを抑え、高レベルの社会福祉法人ヘ。

各種専門家
多数在籍

分野ごとに優れた能力と
スキルを集結

グループの東日本税理士法人には、分野ごとの専門的な知識と優れたスキルを持ったプロフェッショナルが多数在籍しています。

医療経営士
介護福祉経営士

主なる監査実績

過去3年以内の監査実績をご紹介いたします

日本全国対応いたします

各地域の提携会計士・専門家が
対応いたします。

監査法人長隆事務所には福祉・医療の他、ヘルスケア産業の各分野において日本トップクラスの人材が参集しています。
また、必要に応じて外部の専門家や専門性の高い会計士と協働作業ができる体制を整えています。

実績一覧

法人運営の透明性を確保し、
施設の経営基盤を強化します。

計算書類の正確性を担保し、法人運営の透明性を確保し、施設への信憑性を高めるのが会計監査です。
今回の社会福祉法人制度改革により、
施設の経営基盤が強化され、地域社会での公益的な活動に地域の評価が高まれば利用者と利用者の家族にとっても安心感が得られ、 満足度の高いサービスへとつながると考えられます。
会計監査を制度化することで事業の継続性を保ち、業界全体に好影響をもたらすものと思います。

会計監査

会計監査の必要性

時代の変化に即した社会福祉法人の在り方を考え、経営改革を推進するなか、厚労省は社会福祉法の改正で社会福祉法人に会計監査を導入することを決定し、計算書類等の公表も義務付けられました。また、厚労省は、会計監査は社会福祉法人の組織の在り方や法人経営透明性確保・公益性を担保するために行われるので、会計監査の対象とならない法人においても公認会計士などの外部の専門家を登用すべき旨の考えを示しています。

監査のメリット

多くの施設ではなじみがないゆえの不安の声も耳にします。
ここで監査・受け入れ側の声をご紹介します。

監査のメリット
TOPへ