監査法人 長隆事務所

お問い合わせはこちら
CONTACT

書籍紹介BOOKS

       
© 2019 osatakashi & co.

医療と福祉大連合

出版社
株式会社 財界研究所
価格
1,500円(税抜)
発行年月
2020年6月11日

概要

地方は人口減少、過疎化の問題に加えて医師・看護師、介護者の不足などの問題が大都市圏よりも先に訪れている。
山形県は医療情報ネットワークの先進地域の一つで、特に、地方独立行政法人 山形県酒田市病院機構(理事長=栗谷義樹氏)は、医療情報システム「ちょうかいネット」や現在ではAI問診システムをいち早く導入するなど、情報技術の先進的な活用で知られている。
栗谷氏は現在、エリア内の医療と福祉関連機関同士で大連携を図る地域医療連携推進法人「日本海ヘルスケアネット」も立ち上げ、北庄内地区の7割以上の調剤薬局が参加する「地域フォーミュラリー」というシステムも構築するなど、さらに先進的な取り組みに乗り出している。

目次

第1章 再編統合・大連携への道のり
第2章 栗谷義樹率いる日本海ヘルスケアネットとは?
    日本海ヘルスケアネット関係者インタビュー
第3章 再編統合・地方病院の対応は?
第4章 栗谷義樹が考えていること

 
TOPへ